スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

巻頭言 あるいは『生殖の「祭」としての切腹。』

※最新の記事は、この「巻頭言」の下に表示されます。

*****

 最初の切腹は、歴史が記される以前、巫女としての資質を備えた女性が、豊饒を願う人々の意識を身体に受け止めて、その想いの依り代(よりしろ)となった時、大きな悦びのうちに行われたもの---と思うようになりました。そのような状況には、人の精神と肉体とを、切腹という行為に向けて昂揚させてゆく何かがある---むしろ、切腹とは本来、そのような場面においてのみ行われたものであり、後世のそれはヴァリエィションに過ぎない、と感じたりしています。

 自らが属する共同体の人たちの集団的な「気」を、自らの臍下丹田に集めること---それを大切に慈しみ、熱く烈しく燃え上がらせること---そして、それが産み月を迎えたのを知ったとき、彼女は、自らが欲するところに従って、ほとんど本能的に、その気によって満たされた腹を、思い切り深く割いたことでしょう。そしてその時、巫女が得たものは、苦痛などではなく、何か異様に快い感覚であったのでは……と、思わないではいられません。

 「出産こそは最大のエクスタシー」と、経験した多くの女の人たちは語ります。自らの胎内に播かれた種を大きく育て、現世に産み出すことは、女性にとっては大きな精神的、身体的な悦びの行為だからです。それが約束された悦楽であればこそ、今日においても、たとえ出産することで母胎が危険にさらされるようなことがわかっていた場合でも、ほとんどの女性が敢えてその危険をおかすのでしょう---ですから、切腹とは本来、自殺の手段ではなく、供犠の儀式でもなく、むしろ、生殖の追体験/シミュレィションとしての、悦びに満ちた「祭」であったのではないでしょうか?

 それがそのような、生き生きとした生殖の「祭」であったとしたら---眼前で、その人たちすべての「気」を注ぎ込まれた巫女が、大きな「命」の宿ったお腹を誇示し、そして、自らの手でその腹を割き、その人たちの「子」をとり出して見せたとき。人々の願いに豊饒の象徴としての内臓を添え、精神的/身体的な爆発するようなエクスタシーの波動に乗せて、人智を越えた存在へと届けることができたとき---そこに立ち会った女の人も、男の人も、自らの生殖へ向けた欲望を烈しく掻き立てられたのではないでしょうか……? 今日に至るまで、切腹が性の欲望の対象となってきた理由の一つは、そこにあるのかも知れません。

 その後切腹は、その時代や地域によって異なった、様々なイメージを身にまとうことになります。それにつれて、色々な意味や機能を帯びた切腹が行われ、そして今、それは消滅しようとしています。そのような時代であればこそ、最初の切腹の意味を考え、そこに立ち戻ることも必要なのではないでしょうか。
スポンサーサイト

出血大サービスです!

hadaka


 お腹ぷにぷに。

 恥ずかしいから、すぐに消すかも……。

違うんですよね。

しろくろ。


 このところ、若い(?)男性とメールでやり取りをさせていただいておりました。でも、違うんですよね(って、何が?)。

 彼は、古式に則ったせぷーくをし遂げて(きっと、中身を出すという意味)、最後に絶対命のお水を出して逝きたい。でも、そこまで立派にせぷーくするには、お薬の力を借りないときっと無理、って。痛み止め? モルヒネとか?

 それで、お薬を飲んですると、あそこがおっきしないから(あはは~……って、笑い事ではないらしい。麻酔かけたら、そうだよね)、どうしたらよいでしょう……なんて。

 知りません。お薬なんて、やめたら??? お水なんて出さないで逝ったら???

 だいたい、男の人には「お腹の悦楽」なんてきっと無理。きっと、男性には、せぷーくは、お水を出すための手段で、それ以上のものではないのでせうね。

 女だったら(私は特別?)、

1.お腹を出しただけでイきます。ビクビクッ、ってしませんか。陶酔の一瞬……。あああああんこ。

2.お腹を手の平で撫で撫でしているだけで、何回も何回も、何十回でも逝けます。コツはですね~(笑)、お臍の背中側の、身体の奥の筋肉に、ギュッ、ギュッと力を込めると、とても簡単。ちょっと内腿に力を込めて。普通のセックスで逝けない女性も、試したら良いかもです。

3.短刀を眺めているだけで、逝けます。そう、お腹の奥に力を込めて。

4.利き腕に短刀を持って、もう一方の指先をお腹に添えただけで、5分くらいはガクガクって痙攣が止まりません。もちろん、力を抜いたらいつでもやめられます。

5.「溢れだした小腸の表面を、そよ風が戯れたら……」なんて想像すると、もう、たまりませーん(汗)。

6.大抵3時間くらいで、疲れてやめます。でも、時々、ちょっとお腹の真似をして。時折、酷いことになるので、あんまりこれ以上はしません(やはり後悔しちゃいます)。

7.せっぷーく自慰の人には、これで充分ですネ。シクシク……。自慰って言うな~!

 つまり、お腹だけで逝けないようなら、お腹の悦楽は無理、ということです! なんだか、そういう女性的なオーガスムは、男性にも可能……という説があって、色々な板で意見交換されているようです。ご参考までに。ドライ・オーガスムなんて言うらしいですよね。

 ちなみに、今日の画像は、22日の午後3時くらいのものです。恥ずかし。

 お友達から飲もうというメールがあったので、これからお出かけです。疲れているから、今夜はセーブしなくては。明日は、お休みですけどネ。

「超自我」とせぷーく。

 「超自我の明らかにサディスティックな一面は、より深いマゾヒズム、超自我を自身に向けられた欲望として考えることによって明白なものとなってくるより深いマゾヒズムを、おそらくは隠しているのである。」

レオ・ベルサーニ 『ボードレールとフロイト』(山縣直子訳、法政大学出版会、1984年 ※孫引きです)

 今更ながらにフロイトです(笑)。ここだけ読んでも、なにそれってわかりませんよね。

 「自身に向けられた欲望」という箇所、「より深いマゾヒズム」という箇所で、ちょっと閃きました。自身に向けられた欲望は、きっと、ナルシズムという意味も備えていることでしょう。そのナルシズムが、「より深い」マゾヒズムを隠している……、って、なんだか、わたしの感じるせぷーくの魅力に近いような……。「超自我」については、ググッて調べて下さいね。大した意味ではないようなのですけど。

 純粋なナルシズムだけでは無理なことがわかっています。でも、自分がマゾ、という感覚もないんですよネ。だから、ナルシズムの中に隠蔽/内包されたマゾヒズム、なら、受け入れられるような気持がします。

 さてさて、近況です(笑)。仕事が異常に忙しくなってきて、せぷーくのことを考えられるのは、お休みの日の素面の時だけになってしまいました! でも、年末年始、ちょっと時間があったから、久しぶりに手習などを。なかなかでした(謎……)。

 それからというものの、水浅葱の麻の裃(無紋)、予行演習用のテトロンの袴(同色。汚れるでしょう)、公開用の画像に使いたいかわいいマスク(謎?)等などを買いあさっていて、テンションは異様に高いみたいです。ふふふ~。ボーナスは、それで半分消えましたけど(ローンもありますから)。

 実は今日も、午後から少し……。でも、ちゃんと舞台を設えて、きちんとそれなりの装束を着用して、腹切刀とか、準備万端整えないと、やっぱり、あれほどには燃えませんねー。準備に半日、手習いには4時間くらいは必要でしょうか。 

 次の予定は年度末。いろいろと揃えたいものも、他にもありますし。新しい木綿の反物、正絹の白の長襦袢、白の中振袖(た、高い……)。銀鼠の帯とか。

 三月の写真とかは、いずれ、お見せできたらと思っています。



『ぴーちゃんが欲しい(?)。』

 男性で切腹を好まれる方から、何回かお便りを頂戴したことがあります。数回文通した後に突然、「これから切腹します」とお知らせ下さった方もいて、真に受けて慌てたこともありました(悪戯はお慎みになって下さい)。それから、ご自分でお腹を傷つけている写真を送って下さった方もおられましたが、生憎男性の切腹姿には萌えませんので、今後はご遠慮したく思っています。

 その中に、「深く、小腸が出るほどの切腹を遂げた後で、その鮮血と腸の海に精液を叩きつけて果てたい」という夢を語ってくれた人がいらっしゃいました。男性同性愛の切腹愛好者の方々のBBSをそっと覗いたりしていると、このような性癖を持つ男性は、やはり切腹に際して性的興奮をその肉体で示されるようですね。映画『憂国』の中で、三島由紀夫が下帯をあのように腰高に締め、いよいよという時に大きく押し下げて、前にゆるみを持たせたのはそのためだったのかなあ……、なんて得心したりしました。

 「散らし書き」の第一回で書いたように、身体の外に溢れ出た内臓に自らの種を撒くような切腹は、言うまでもなく生殖行動の模倣という意味を持つでしょうし、そして、神にしか許されない自己生殖を行うといった意味でも、切腹の持つ「生殖の『祭』」としての性格を端的に現しているように思います。多くの祭で、男性が女装して(両性具有は神の属性の一つでもあります)稲を植えたりする風習が今でも残っているようですが、それらも、そんな古の祭祀の名残なのかも知れませんね。

 ですから、男性になりたいなんて思ったことはありませんけれど、「上記のような意味で」、ぴーちゃんだけはうらやましいと思ったりはします(笑)。もちろん、この身体に切腹への心の熱さを具体的に示してくれる器官があったら……なんて願っているのは秘密です(恥)。鏡の中の自分に向けて勇ましくいきり立つそんな器官が備わっていたとしたら……という想像は、やっぱりちょっと刺激的(爆)。それに、もし一日中大きくなっていたりしたら……なんて空想すると、何か誇らしい気持ちになったり(馬鹿)。

 でも、実際にはそんな男性の愛好者の方々は、ぴーちゃんを制御できていみたいですね。かなり前、そのような人たちが集うBBSで、「最後まで勃●が継続していたら、きっと立派に切腹できるのに」というポストを読んだ記憶があります。途中で継続しなくなるのは、やはり痛いからなのでしょうか。大昔の雑誌の記事で、「切腹の途中で性的に満足してしまうと、途端に切腹する気持ちがなくなってしまう」というような趣旨の記事があったように思いますけど、これは、途中で逝ってしまうからでしょうか。

 つまり、男性の場合は、切腹し遂げられるかどうかはぴーちゃん次第。最後まで堅かったら大丈夫だけれども、でも大抵、途中で小さくなったり、途中で弾けたりしてしまうので未遂に終わっている……のでしょうか。

 自分のぴーちゃんであっても、それをコントロールすることは、意外に困難なようです。
プロフィール

rikachang

Author:rikachang
 TVやお芝居で、せぷーくする場面を見るとジーンとしませんか(あはは……?)。ここでは、そんなちょっとおかしな切腹萌えさんの空想や、お絵描きなんかを羅列しているだけなんですよーだ。

 内容はいくつか大きなジャンルがありますから、カテゴリーでお好きな物を選んでご覧下さい。ぷ。

 あ、ちなみにもう、腐女子なんかじゃないもん。貴腐人と呼ばれてもグウの音もでないお年頃。貴腐ワインみたいに甘いかというと、そんなでもないんですけど(笑)。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
読んでくれた人。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。